「AQUOS zero」評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ

スマホ評価レビュー ソフトバンク 2018-2019年冬春モデル

「AQUOS zero」評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ

更新日:

国内メーカーのシャープが2018年の冬に発売するモデルとして、

の2機種を発表しました。

「AQUOS zero」は、CPUに最新の「Snapdragon 845」が搭載され、ディスプレイにAQUOSシリーズでは初となる有機ELディスプレイが採用されたシャープのフラッグシップモデル。

国内ではソフトバンクの独占販売となっていて、ドコモ、auでの取り扱いはありません。

「AQUOS zero」のカラーバリエーション

「AQUOS zero」のカラーバリエーションは「アドバンスドブラック」のみとなっています。

「AQUOS zero」のスペック詳細

AQUOS zeroのスペック詳細
CPU Snapdragon 845
外側カメラ 約2,260万画素
内側カメラ 約800万画素
ディスプレイ 約6.2インチ QHD+(2,992×1,440)
RAM / ROM 6GB / 128GB
SDカード 非対応
電池容量 3,130mAh
連続通話(LTE) 未発表
連続待受(LTE) 未発表
高さ×幅×厚さ 約154x73x8.8(mm)
重量 約146g

CPUは「Snapdragon 845」、RAMが6GBという事で現行の「AQUOS R2」からRAMが2GB増量。

アウトカメラは「AQUOS R2」と同じ約2,260万画素のカメラを搭載するものの、動画用カメラは搭載せず、シングルカメラ仕様となっています。

インカメラは約1,630万画素から約800万画素にスペックダウンですね。

特徴となるのは、AQUOSシリーズでは初となる有機ELディスプレイが採用されている事と、画面サイズ6インチ以上で電池容量3,000mAh以上のスマホの中では「世界最軽量」となる146gの本体重量です。

「AQUOS R2」との違いと進化したポイント

有機ELディスプレイ

「AQUOS zero」評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ

「AQUOS zero」では、AQUOSシリーズでは初となる有機ELディスプレイが採用されました。

画面の綺麗さはAQUOSシリーズの大きな特徴のひとつですが、引き続き映画館やホームシアター機器にも使われているHDR映像技術Dolby Vision(ドルビービジョン)も搭載され、さらに高精細な映像が楽しめるようになっています。

「世界最軽量」となる146gの本体重量

「AQUOS zero」評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ

「AQUOS zero」は、「AQUOS R2」から本体重量が35gも減少。

画面サイズ6インチ以上で電池容量3,000mAh以上のスマホの中では「世界最軽量」となる146gの本体重量になっています。

ライバル機種の「Xperia XZ2」が重すぎる本体重量から販売不振が続き、後継機の「Xperia XZ3」でも軽量化に成功できていない事から、「AQUOS zero」の146gの本体重量は大きな武器となりそうですね。

アラミド繊維の背面デザイン

「AQUOS zero」評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ

「AQUOS zero」では、背面パネルにアラミド繊維とマグネシウム合金フレームが採用されています。

高級感のあった「AQUOS R2」に比べると好みが分かれそうですが、個人的には指紋が付きづらいのと、ガラスパネルと比べると圧倒的に割れにくい仕様になっているのが嬉しいですね。

背面パネルにアラミド繊維が使用されているのも、軽量化に成功した大きな要因のひとつになっています。

RAMとROM大幅増量

「AQUOS zero」評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ

「AQUOS zero」になり、RAMとROMは前作の「AQUOS R2」から、

  • RAM:4GB→6GB
  • ROM:64GB→128GB

に増量されました。

RAMは一時的にデータを記憶させておける容量の事で、6GBになった事でより多くの処理を同時に操作できるようになります。

ROMは写真や音楽のデータなどを保存できる容量の事ですが、128GBもあれば容量としては十分な人も多いですよね。

ただし、前作までは対応していたSDカードは、「AQUOS zero」では非対応となっているので注意して下さい。

放熱設計とパラレル充電

「AQUOS zero」評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ

「AQUOS zero」では、AQUOSシリーズで初のパラレル充電を搭載。

2つの充電ICで発熱源を分散し、充電時の発熱を抑えるので、充電しながら操作をしても高温になりづらくなっています。

2018年夏モデルでは、放熱性能に端末ごとの違いはほとんど感じられなかったので、ゲームをプレイするユーザーにとってはかなり嬉しい新機能ですよね。

デュアルカメラからシングルカメラに

「AQUOS zero」評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ

「AQUOS R2」ではデュアルカメラだったアウトカメラは、「AQUOS zero」でシングルカメラになっています。

搭載されているのは「AQUOS R2」の静止画専用カメラと同様のカメラで、画質に違いがあるのかは不明。

シャープは、カメラ重視のユーザーには引き続き「AQUOS R2」を訴求するとしています。

イヤホンジャック非搭載

「AQUOS zero」評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ

「AQUOS R2」までは搭載されていたイヤホンジャックは、「AQUOS zero」になってついに非搭載になってしまいました。

他メーカーとの差別化の為にも残してほしかったところですが、残念ですね・・・。

現在、イヤホンプラグ仕様のイヤホンを使っている人は、そのままでは「AQUOS zero」で使用できないので注意して下さい。

インカメラは約800万画素にスペックダウン

※「AQUOS R2」で撮影 クリックで拡大できます

インカメラでは、「AQUOS R2」の約1,630万画素から約800万画素にスペックダウンしています。

カメラの画質は画素数だけでは決まりませんが、「AQUOS R2」では「小顔補正」や「美肌調整」もあり、かなり高画質な自撮り撮影ができただけに、どこまで影響があるのかに注目ですね。

「AQUOS zero」の特徴

テザリング
おサイフケータイ
ワンセグ:フルセグ 〇:×
赤外線通信 ×
ハイレゾ
ワイヤレス充電 ×
イヤホンジャック ×
Bluetooth
防水:防塵 IPX5/IPX8:IP6X
スピーカー ステレオスピーカー
生体認証 指紋認証センサー

Dolby Atmos&ステレオスピーカー

「AQUOS zero」評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ

「AQUOS zero」では、立体音響技術Dolby Atmos(ドルビーアトモス)を採用し、臨場感のあるサウンドを楽しむ事ができます。

今作からスピーカーもステレオスピーカーに進化しているので、イヤホン使用時だけでなく、スピーカーでも迫力のあるサウンドが楽しめるのは嬉しいですね。

タッチチューニング

「AQUOS zero」評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ

新しく採用された「QHD+有機ELディスプレイ」には、早いタップが必要なゲームでもしっかり反応するように「タッチチューニング」が施されています。

公式にも「タッチ抜けで困ることがなくなります」と発表していて、高画質な画面でゲームを楽しみたい人に最適なディスプレイになっています。

「AQUOS zero」のベンチマークスコア

「AQUOS R2」のレビュー!スペックやカメラ性能の評価まとめ

「AQUOS R2」のレビュー!スペックやカメラ性能の評価まとめ

これは、実際に計測した「AQUOS R2」のベンチマークスコアですが、

  • Antutu 7.0.9:255,100
  • Geekbench 4.2.3:シングル 2,404/マルチ 8,365

となっています。

「AQUOS zero」にも「AQUOS R2」と同じCPU「Snapdragon 845」が搭載されているので、ほぼ同じ処理能力でしょう。

「AQUOS R2」は発熱テストで41度くらいまでバッテリー温度が上昇しましたが、放熱設計の「AQUOS zero」ではどうなるか今から楽しみですね。

「AQUOS zero」の発売日と価格

「AQUOS zero」の発売日と価格は現在のところ未発表。

例年どおりであればauとソフトバンクが2018-2019年冬春モデルとして取扱いを発表するはずですが、シャープが「AQUOS zero」をフラッグシップモデルとして発表しているだけに、ドコモからの発売があるのかにも注目が集まっています。

「AQUOS zero」の評価と感想

「AQUOS zero」評価レビュー!スペックやカメラ性能・価格情報まとめ

「AQUOS zero」は、同サイズのスマホとしては「世界最軽量」となる軽量ボディと、AQUOSシリーズでは初となる有機ELディスプレイが特徴のフラッグシップモデル。

特に146gの軽量ボディは注目を集めていて、大画面で重いフラッグシップ機が多い中、片手で楽々操作できる重量なのは魅力的ですよね!

また、放熱設計や「タッチチューニング」など、ゲームユーザーをターゲットにした仕様も、他機種との差別化となり素晴らしいと感じました。

ただし、カメラ性能においては大きく後退していて、シングルカメラになっただけでなく、インカメラもスペックダウンしていて、完全にカメラの性能競争からは離脱したかたちになっています。

このスペックで7万円前後の価格なら魅力的ですが、10万円前後の価格になるならカメラでも世界レベルで競っている他機種を買いたくなってしまいますよね。

カメラに興味のないユーザーにとってはかなり高評価となりそうですが、全体的な評価は価格次第だと感じました。

 

【公式サイト】で最新情報をチェック

 ドコモ公式オンラインショップ

 ⇒au公式オンラインショップ

 ソフトバンク公式オンラインショップ

-スマホ評価レビュー, ソフトバンク 2018-2019年冬春モデル
-,

Copyright© おすすめスマホを徹底比較レビュー!くろねこのみみ , 2018 All Rights Reserved.