Galaxy Note10 購入レビュー!スペックや評価・カメラ性能まとめ

Source by galaxymobile

au 2019-2020年冬春モデルまとめ docomo(ドコモ)2019-2020年冬春モデルまとめ スマホ評価レビュー

Galaxy Note10 購入レビュー!スペックや評価・カメラ性能まとめ

韓国メーカーのSamsung(サムスン)は、2019年8月7日にアメリカで行われた製品発表イベント「Galaxy UNPACKED 2019」にて、Galaxy Noteシリーズの最新モデル、

  • Galaxy Note10
    ギャラクシー ノートテン
  • Galaxy Note10+
    ギャラクシー ノートテン プラス

の2機種を発表しました。

海外モデルは2019年8月23日に発売が開始されていますが、日本では例年通りであればドコモ、auから2019-2020年冬春モデルとして10月下旬ごろに発売が開始されます。

この記事では、「Galaxy Note10」と「Galaxy Note10+」を 実際に購入してカメラの性能や使用感などを徹底レビュー しています。

※更新中です

くろねこ
「Galaxy Note10」や「Galaxy Note10+」の購入を検討している人はぜひ参考にしてみて下さいね!

Galaxy Note10 のカラーバリエーション

「Galaxy Note10」と「Galaxy Note10+」のカラーバリエーションは、

  • オーラグロー
  • オーラブラック
  • オーラホワイト
  • オーラピンク(Note10限定)
  • オーラレッド(Note10限定)
  • オーラブルー(Note10+限定)

の6色。

ただし、日本での発売ではカラーバリエーションがキャリアによって限定される予定です。

オーラグロー
Galaxy Note10 のカラーバリエーションオーラグロー

オーラブラック
Galaxy Note10 のカラーバリエーションオーラブラック

オーラホワイト
Galaxy Note10 のカラーバリエーションオーラホワイト

オーラピンク
Galaxy Note10 のカラーバリエーションオーラピンク

オーラレッド
Galaxy Note10 のカラーバリエーションオーラレッド

オーラブルー
Galaxy Note10 のカラーバリエーションオーラブルー

くろねこ
今回レビューするのはオーラホワイトとオーラグローになります

Galaxy Note10 のスペック詳細

Galaxy Note10 Galaxy Note10+
CPU Snapdragon 855 Snapdragon 855
外側カメラ 約1,600万画素
約1,200万画素×2
約1,600万画素
約1,200万画素×2
内側カメラ 約1,000万画素 約1,000万画素
ディスプレイ 約6.3インチ(2,280×1,080)
FHD+ 有機ELディスプレイ
約6.8インチ(3,040×1,440)
QHD+ 有機ELディスプレイ
RAM / ROM 8GB / 256GB 12GB / 256GB・512GB
SDカード 非対応 microSDXC(最大1TB)
電池容量 3,500mAh 4,300mAh
高さ×幅×厚さ 約151x71.8x7.9(mm) 約162.3x77.2x7.9(mm)
重量 約168g 約196g

「Galaxy Note10」にはクアルコムの最新CPU「Snapdragon 855」が搭載され、RAMは「Galaxy Note10」が8GBで、「Galaxy Note10+」が12GB。

外側カメラには「Galaxy S10 / S10+」と同じ画素数のトリプルカメラが搭載され、「Galaxy Note10+」にのみTOF(Time-of-Flight)カメラが搭載され、より精度の高い背景ボケ写真が撮れるようになっています。

ディスプレイは「Galaxy Note10」が6.3インチで、「Galaxy Note10+」が6.8インチ。どちらにも有機ELディスプレイが採用されていますが、画面解像度が違い、「Galaxy Note10+」のほうが高画質な映像が楽しめるようになっていますね。

大きな変化としては「Galaxy Note10」がSDカード非対応になった事と、「Galaxy S10 / S10+」までは搭載されていた イヤホンジャックが今作より廃止 になっているのが印象的でした。

Galaxy Note10 の便利機能

Galaxy Note10 / 10+ の便利機能
テザリング
おサイフケータイ 未発表
ワンセグ:フルセグ 未発表
赤外線通信
ハイレゾ
ワイヤレス充電
イヤホンジャック
Bluetooth
防水:防塵 IPX8:IP6X
耐衝撃
スピーカー ステレオスピーカー
生体認証 顔認証センサー
指紋認証センサー

つづいて便利機能ですが、日本での正式な発表がないので「おサイフケータイ」と「ワンセグ / フルセグ」については未発表となっていますが、これまでの傾向から両方とも搭載されると思われます。

イヤホンジャック以外は、ハイスペックモデルに搭載される機能のほぼ全てを揃えた「全部入り」機種になりそうですね。

Galaxy Note10 と Galaxy Note10+の違い

Galaxy Note10+ のほうが大きく画面も綺麗

Galaxy Note10とGalaxy Note10+

「Galaxy Note10」と「Galaxy Note10+」の1番の違いはやっぱり画面の大きさですよね!

ただし、今作からは画面の大きさだけでなく、解像度にも

  • Galaxy Note10:フルHD+
  • Galaxy Note10+:QHD+

という違いがあるので注意。

実際に比較してみてもそこまでの違いはありませんが、基本的に「Galaxy Note10+」のほうが綺麗な映像が楽しめる ようになっています。

Galaxy Note10+ のみクアッドカメラ仕様

Galaxy Note10とGalaxy Note10+の背面カメラ

「Galaxy Note10」と「Galaxy Note10+」には、

  • 約1,600万画素 F値2.2 超広角カメラ
  • 約1,200万画素 F値1.5⇔2.4 広角カメラ
  • 約1,200万画素 F値2.1 望遠カメラ

というまったく同じスペックのカメラが背面に搭載されていますが、「Galaxy Note10+」にのみ、光の反射を利用して三次元情報を計測するTOFカメラ(デプスビジョンカメラ)が搭載されていて、より精度の高い背景ボケ撮影が楽しめるようになっています。

RAM / ROMの容量が違う

Galaxy Note10のRAM

Galaxy Note10

Galaxy Note10+のRAM

Galaxy Note10+

「Galaxy Note10」と「Galaxy Note10+」とではRAMの容量に

  • Galaxy Note10:8GB
  • Galaxy Note10+:12GB

という違いがあり、さらに「Galaxy Note10」は256GBモデルしかないのに対して、「Galaxy Note10+」は256GBモデルと512GBモデルから選べるようになっています。

RAMの容量は8GBでも十分なので、正直12GBと体感で差があるかは微妙ですが、ROMは 「Galaxy Note10」はSDカードにも非対応 なので使い勝手に大きな差があると思います。

くろねこ
特に機種変更前の機種でSDカードを使用していた人は使えなくなるので注意ですね

RAM / ROMとは

RAM
一時的に情報を記憶しておくメモリーの事で、RAMの容量が大きいほど一度にたくさんのアプリを起動したり、ネットを開いた際の情報を多く記憶しておく事ができます

ROM(ストレージ容量)
写真や音楽などのデータを保存するストレージ容量の事。大きいほどたくさんのデータを保存しておく事ができ、SDカードにデータを保存して代用する事もできます

電池容量と充電速度は Galaxy Note10+ のほうが優秀

Galaxy Note10 と Galaxy Note10+を充電している様子

「Galaxy Note10」と「Galaxy Note10+」とでは電池容量が違い、「Galaxy Note10+」のほうが800mAh大きいバッテリーを搭載していて、電池持ちも優秀です。

また、充電速度にも違いがあって、「Galaxy Note10」は25Wの急速充電対応なのに対して、「Galaxy Note10+」は 45Wの急速充電 ができるようになっています。

Galaxy S10」は15Wまでの急速充電ですから25Wでも十分速いですが、より速く充電したい人は「Galaxy Note10+」のほうがおすすめですね。

くろねこ
ただし、45Wの急速充電には専用の電源アダプタが必要で、日本版にも採用されるかは不明です

Galaxy Note10 の特徴と使用レビュー

Galaxy Note10 のデザインとボタン配置

Galaxy Note10 のデザインとボタン配置

「Galaxy Note10」の素材には、高級感のある局面ガラスとアルミフレームが採用されていて、背面には上から、

  • 超広角カメラ
  • 広角カメラ
  • 望遠カメラ

が並んでいて、その横に「フラッシュ/ライト」があります。

Galaxy Note10 のデザインとボタン配置

ディスプレイ面には画面上部に「インカメラ」と、画面下部に「指紋認証センサー」が埋め込まれています。

Galaxy Note10 のデザインとボタン配置

右側面は何もなし。

Galaxy Note10 のデザインとボタン配置

左側面には「音量キー」と「電源キー」。

Galaxy Note10 のデザインとボタン配置

本体上部には左から、

  • 送話口/マイク
  • 受話口/スピーカー
  • SIMカードトレイ

が並んでいます。

Galaxy Note10 のデザインとボタン配置

本体下部には左から、

  • 送話口/マイク
  • USB Type-C接続端子
  • スピーカー
  • Sペン

が並んでいます。

デザインは高級感がありお洒落ですが、かなり指紋が付きやすいので注意ですね。

気になる人は試供品でクリアケースが付いているので、とりあえずでも使っておくと快適だと思います。

コンパクトになって軽く持ちやすくなった

Galaxy Note10を持っている様子

「Galaxy Note10」は、前作「Galaxy Note9」からベゼル部分(ディスプレイの黒い部分)が削られた事により、軽くコンパクトに進化しました。

「Galaxy Note9」は201gだったのに対して、「Galaxy Note10」は画面サイズはほぼ同じで168gですからね!大画面になった「Galaxy Note10+」でも「Galaxy Note9」より軽い のにはビックリしました。

Galaxy Noteシリーズとは思えない軽い仕上がりなので、かなり持ちやすいと思います。

くろねこ
片手で操作したい人や、女性でも快適に操作できると思いますよー

ゲームや動作は快適で発熱はそれなり

Galaxy Note10でゲームしている様子

「Galaxy Note10」には、クアルコムの最新CPU「Snapdragon 855」が搭載されているので、動作はサクサク、3Dゲームでも快適に操作できました

発熱はゲームをしているとそれなりにありますが、普段のネット検索やSNSを使用する程度ではほとんど温度の変化は感じらないですね。

ただし、長時間ゲームをしたり、動画を撮影したりなどの大きい負荷がかかる際には「熱い」と感じる程度(42℃くらい)まで温度が上がるので注意して下さいね!

埋め込み式指紋認証の精度がいまいち

Galaxy Note10で指紋認証している様子

「Galaxy Note10」の指紋認証には、ディスプレイに埋め込まれた超音波式の指紋センサーが採用されていますが、他機種の指紋センサーと比べると 認証速度と精度にムラがある と感じました。

パッと認証する事もあればワンテンポ遅い時もあり、認証に失敗する事もけっこうあるんですよね。

顔認証も同時に使用できるので困る事はほとんどありませんが、指紋認証しか使わないという人はストレスを感じる場面があるかもしれません。

くろねこ
YouTube では7:15秒あたりから実際に認証している様子が確認できます

電池もちは平均レベル

Galaxy Note10を充電している様子

「Galaxy Note10」には3,500mAhのバッテリーが搭載されていますが、電池もちは平均レベルで「Galaxy S10」から比べると若干向上している印象です。

朝100%にした充電は、適度に動画やゲームをすると家に帰ってくる夜7時ごろに確認して20%~40%くらいでしょうか。

ただし、他メーカーのハイエンドモデルと比べて電池持ちが良いというわけではないので、気になる人は大容量バッテリーを搭載した「Galaxy Note10+」のほうがおすすめ。

「Galaxy Note10+」なら「Galaxy Note10」よりも電池持ちが良いだけでなく、充電速度も倍以上あるので、できるだけ電池持ちが良い機種がほしいという人にピッタリだと思います。

スピーカーの性能はスマホでは最高レベル

Galaxy Note10 のスピーカー性能

「Galaxy Note10」には、Dolby Atmos(ドルビーアトモス)に対応したステレオスピーカーが搭載されていますが、音量も大きく、音質もかなり良くて、2019年冬モデルの中では最高レベル だと感じました。

有名音響機器メーカー「AKG」のイヤホンが同梱されているので、購入後すぐにイヤホンでも高音質な音楽を楽しむ事ができるが親切ですよね!

くろねこ
初期設定ではDolby Atmosはオフになっているので、サウンドとバイブ → サウンド詳細設定 → 音量とエフェクト からオンにしてみて下さい

Galaxy Note10 のベンチマークスコア

  • Galaxy Note10 のAntutuベンチマークスコア

    Antutu 7.2.3

  • Galaxy Note10 のGeekbenchベンチマークスコア

    Geekbench 4.4.1

  • Galaxy Note10 のGeekbenchベンチマークスコア

    Geekbench 4.4.1

これは、実際に計測した「Galaxy Note10」のベンチマークスコアですが、

  • Antutu 7.2.3:368,670
  • Geekbench 4.4.1:シングル 3,539 / マルチ 11,113
  • Geekbench Compute:7,983

となりました。

2019年の冬時点のandroidスマホとしては最高レベルの処理能力ですね。このスコアであれば、どんなゲームでも快適にプレイできる と思います。

Galaxy Note10 の付属品

Galaxy Note10 の付属品

「Galaxy Note10」に同梱されている付属品は、

  • 画面保護フィルム
  • SIM取り出しツール
  • AKGマイク付きイヤホン
  • USB Type-Cケーブル
  • クリアケース
  • ペン先交換キット
  • 電源アダプタ

です。

ただし、日本版では同梱される付属品の内容が変更になる事があるので注意。

正式に発表され次第、追記します。

Galaxy Note10 / 10+ の発売日と本体価格

Galaxy Note10 のカラーバリエーション

「Galaxy Note10」と「Galaxy Note10+」のグローバルモデルの発売日は2019年8月23日で、日本版は例年通りであればドコモ、auから2019-2020年冬春モデルとして10月下旬頃に発売されます。

アメリカでの本体価格は、

  • Galaxy Note10:949.99ドル
  • Galaxy Note10+ 256GB:1099.99ドル
  • Galaxy Note10+ 512GB:1199.99ドル

となっていて、1ドル105円で換算すると日本円だと、

  • Galaxy Note10:99,748円
  • Galaxy Note10+ 256GB:115,498円
  • Galaxy Note10+ 512GB:125,998円

くらいの本体価格になる計算ですね。

ただし、実際に日本で販売される際には、各キャリアが個別で料金を設定するので注意して下さい。

-au 2019-2020年冬春モデルまとめ, docomo(ドコモ)2019-2020年冬春モデルまとめ, スマホ評価レビュー
-, , , ,

Copyright© おすすめスマホを徹底比較レビュー!くろねこのみみ , 2019 All Rights Reserved.