Galaxy S10 先行レビュー!スペックやカメラ評価・価格情報まとめ

au 2019年夏モデル docomo(ドコモ)2019年夏モデル スマホ評価レビュー

Galaxy S10 先行レビュー!スペックやカメラ評価・価格情報まとめ

更新日:

Galaxy S10(ギャラクシー エステン)は、韓国メーカーSAMSUNG(サムスン)の2019年のフラッグシップモデルスマホ。

画面の大きさによって、

  • Galaxy S10
  • Galaxy S10+

の2種類があり、どちらも2019年5月23日から発売が開始されます。

この記事では、「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」のスペックや進化したポイント、フルモデルチェンジされたデザインなどをまとめています。

いつも通り、実機によるレビューは日本での発売後になるので注意して下さい。

Galaxy S10 のカラーバリエーション

Galaxy S10 のカラーバリエーション

「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」のカラーバリエーションは、

  • プリズムホワイト
  • プリズムブラック
  • プリズムブルー

の3色。

ただし「Galaxy S10+」では、auがプリズムホワイトとプリズムブラックの2色展開、ドコモはプリズムホワイトのみの取り扱いになります。

プリズムホワイト
Galaxy S10 先行レビュー!スペックやカメラ評価・価格情報まとめ

プリズムブラック
Galaxy S10 先行レビュー!スペックやカメラ評価・価格情報まとめ

プリズムブルー
Galaxy S10 先行レビュー!スペックやカメラ評価・価格情報まとめ

Galaxy S10 のスペック詳細

Galaxy S10 Galaxy S10+
CPU Snapdragon 855 Snapdragon 855
外側カメラ 約1,600万画素
約1,200万画素×2
約1,600万画素
約1,200万画素×2
内側カメラ 約1,000万画素 約800万画素
約1,000万画素
ディスプレイ 約6.1インチ QHD+(3,040×1,440) 約6.4インチ QHD+(3,040×1,440)
RAM / ROM 8GB / 128GB 8GB / 128GB
SDカード microSDXC(最大512GB) microSDXC(最大512GB)
電池容量 3,400mAh 4,100mAh
連続待受(LTE) 未発表 未発表
高さ×幅×厚さ 約150x70.4x7.8(mm) 約158x74x7.8(mm)
重量 約158g 約175g

「Galaxy S10」にはクアルコムの最新CPU「Snapdragon 855」が搭載され、RAMは8GB。

外側カメラには、Galaxyシリーズでは初となるトリプルカメラが搭載され、インカメラでは「Galaxy S10」がシングルカメラ、「Galaxy S10+」がデュアルカメラと差別化されました。

電池容量は両機種ともに大幅にアップしているのにもかかわらず、本体重量は前作から重くなるどころか軽量化されている点にはサムスンの技術力の高さがうかがえますね。

また、便利機能では指紋認証センサーが「ディスプレイ埋め込み式」になった事が大きな話題になっています。

Galaxy S10 の進化したポイント

インカメラが埋め込まれたディスプレイ

Galaxy S10 先行レビュー!スペックやカメラ評価・価格情報まとめ

「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」では、インカメラが埋め込まれている新有機ELディスプレイ「Infinity-O Display」が採用されました。

解像度はQHD+(3,040×1,440)になっていて、HDR10+規格に対応。

素材には「Gorilla Glass 6」が使用され、ブルーライトを42%削減機能も搭載されています。

くろねこ
iPhoneシリーズの「ノッチ」に比べると、かなりスマートに見えますね

「ウルトラワイドカメラ」が追加されたトリプルカメラ

Galaxy S10 先行レビュー!スペックやカメラ評価・価格情報まとめ

「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」のアウトカメラは、従来のデュアルカメラに新たに「ウルトラワイドカメラ」が加わり、

  • 約1,200万画素の広角カメラ:画角77度
  • 約1,200万画素の望遠カメラ:画角45度
  • 約1,600万画素のウルトラワイドカメラ:画角123度

のトリプルカメラ仕様になりました。

Galaxy Note9」や「Galaxy S9」に搭載されていた「デュアルアパチャー」にも対応していて、広角カメラでは引き続きF値を2.4と1.5から状況に応じて自動で選択してくれます。

ディスプレイに埋め込まれた指紋センサー

Galaxy S10 先行レビュー!スペックやカメラ評価・価格情報まとめ

「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」の生体認証には、

  • 顔認証
  • 指紋認証

の2つが採用され、指紋認証センサーはディスプレイの内部に埋め込まれています。

認証位置や感度は実際に使用してみないと何とも言えませんが、大手キャリアで発売予定のスマホでは初になるので楽しみですね。

また、指紋認証が「ディスプレイ埋込み式」になった影響からか、前作までは採用されていた「虹彩認証」はGalaxy S10シリーズでは非搭載になっています。

充電器にもなる大容量バッテリー

Galaxy S10 先行レビュー!スペックやカメラ評価・価格情報まとめ

「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」に搭載されている大容量バッテリーは充電器代わりに使用する事ができ、Qi規格に対応した機器であればワイヤレスで充電をする事ができます。

やり方は、充電したいデバイスを「Galaxy S10」の上に置くだけ。

充電の無くなりそうな友達のスマホを充電させてあげたり、イヤホンを充電したりできるのは便利ですね!

くろねこ
例えば、iPhoneをGalaxy S10の上に置くだけで充電できます 

デュアルカメラになったインカメラ(Galaxy S10+)

Galaxy S10 先行レビュー!スペックやカメラ評価・価格情報まとめ

「Galaxy S10+」のインカメラは、「Galaxy S10」に搭載されている約1,000万画素のセルフィーカメラに加えて、約800万画素のRGB深度カメラを搭載したデュアルカメラ仕様になっています。

これにより、より精度の高い「背景ボケ写真」が撮れるように進化しています。

くろねこ
「Galaxy S10」との画質の違いはほとんどなさそうです

Galaxy S10 の特徴

Galaxy S10 / S10+の便利機能
テザリング
おサイフケータイ
ワンセグ:フルセグ 〇:〇
赤外線通信 ×
ハイレゾ
ワイヤレス充電
イヤホンジャック
Bluetooth Bluetooth5.0
防水:防塵 IP68
耐衝撃 ×
スピーカー ステレオスピーカー
生体認証 顔認証センサー
指紋認証センサー

大容量RAM

Galaxy S10 先行レビュー!スペックやカメラ評価・価格情報まとめ

前作「Galaxy Note9」の6GBでも充分余裕のあったRAM容量は、

  • Galaxy S10:8GB
  • Galaxy S10+:12GB

の大容量に進化しました。

RAMというのは一時的に情報を記憶しておくメモリーの事で、RAMの空き容量が多いほど一度にたくさんのアプリを起動したり、ネットを開いた際の情報を多く記憶しておく事ができます。

これだけ余裕があれば、3~4年使う前提でも充分快適に使用できますね。

優秀な冷却システム

Galaxy S10 先行レビュー!スペックやカメラ評価・価格情報まとめ

Galaxy Note9」でかなり優秀だった冷却システムはさらに進化して、「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」には、

  • Galaxy S10:ヒートパイプ冷却システム
  • Galaxy S10+:ベイパーチャンバー冷却システム

が搭載されています。

「Galaxy S10+」のほうがより高性能な冷却システムを採用しているようですが、違いはどの程度でしょうか。

「Galaxy Note9」は他機種に比べて明らかに発熱対策に優れていただけに、今から楽しみですね!

Dolby Atmos対応ステレオスピーカー

Galaxy S10 先行レビュー!スペックやカメラ評価・価格情報まとめ

「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」には、Dolby Atmos(ドルビーアトモス)に対応したステレオスピーカーが搭載されています。

Dolby Atmosは、映画館でも採用される立体的なサウンドが楽しめるサウンドシステム。

従来どおりであれば音質はかなり良いので、大迫力で動画や音楽を楽しみたい人におすすめです。

くろねこ
Galaxyシリーズには専用のイヤホンが付属品として同梱されているので、購入後すぐに楽しむ事ができます

Galaxy S10 / S10+ の発売日と本体価格

ドコモ版 Galaxy S10 / S10+の本体価格

ドコモ版 Galaxy S10 / S10+の本体価格

ドコモ版「Galaxy S10 SC-03L」と「Galaxy S10+ SC-04L」の発売日は2019年6月1日で、本体価格は、

  • Galaxy S10 SC-03L:101,088円(税込)
  • Galaxy S10+ SC-04L:114,696円(税込)

です。

また、36回払いの分割で購入して「スマホおかえしプログラム」に加入する場合は、最大で3分の2の負担額になります。

au版 Galaxy S10 / S10+の本体価格

Galaxy S10 の発売日と本体価格

au版「Galaxy S10 SCV41」と「Galaxy S10+ SCV42」の発売日は2019年5月23日で、本体価格は、

  • Galaxy S10 SCV41:108,000円(税込)
  • Galaxy S10+ SCV42:120,960円(税込)

です。

48回払いにして「ピタットプラン/フラットプラン」で申し込む場合は「アップグレードプログラムEX」に加入する事ができ、最大で半額になります。

ただし、「アップグレードプログラムEX」が適用されるのは次回機種変更をした場合のみで、その際に購入した本体は回収されるので注意して下さい。

Galaxy S10 の発売前の事前情報まとめ

Galaxy S10+とXperia 1のカメラ性能比較

Galaxy S10+とiPhone XS Maxのカメラ性能比較

Galaxy S10+とPixel 3 XLのカメラ性能比較

iPhone XS Max / Mate 20 Proとの処理能力比較

-au 2019年夏モデル, docomo(ドコモ)2019年夏モデル, スマホ評価レビュー
-, , , ,

Copyright© おすすめスマホを徹底比較レビュー!くろねこのみみ , 2019 All Rights Reserved.