Galaxy S20 事前レビュー!スペックや評価・カメラ性能まとめ

Source by galaxymobile

au 2020年夏モデル スマホ評価レビュー ドコモ 2020年夏モデル

Galaxy S20 事前レビュー!スペックや評価・カメラ性能まとめ

韓国メーカーのSamsung Electronics(サムスン電子)は2月11日にアメリカで行われた製品発表イベント「Galaxy UNPACKED 2020」にて、2020年のフラッグシップモデルとなる、

  • Galaxy S20
  • Galaxy S20+
  • Galaxy S20 Ultra

の3機種を発表しました。

この記事では、日本でも発売が確実視されている「Galaxy S20」と「Galaxy S20+」のスペックや両機種の違いを、公式発表された情報と共ににレビューしています。

※購入後の評価レビューは発売日以降に随時更新予定です

くろねこ
「Galaxy S20」の購入を検討している人はぜひ参考にしてみて下さいね!

Galaxy S20 のカラーバリエーション

↑発表会のライブ配信です

「Galaxy S20」と「Galaxy S20+」のカラーバリエーションは、

  • コスミックグレー
  • クラウドブルー
  • クラウドピンク(S20限定)
  • コスミックブラック(S20+限定)

の4色。

「Galaxy S20」と「Galaxy S20+」でそれぞれ1色ずつ限定色が用意されています。

コスミックグレー
Galaxy S20のカラーバリエーション

クラウドブルー
Galaxy S20のカラーバリエーション

クラウドピンク(S20限定)
Galaxy S20のカラーバリエーション

コスミックブラック(S20+限定)
Galaxy S20のカラーバリエーション

Galaxy S20 のスペック詳細

Galaxy S20 Galaxy S20+
CPU Snapdragon 865 Snapdragon 865
外側カメラ 約1,200万画素×2
約6,400万画素
約1,200万画素×2
約6,400万画素
内側カメラ 約1,000万画素 約1,000万画素
ディスプレイ 約6.2インチ(3,200×1,440)
QHD+ 有機ELディスプレイ
約6.7インチ(3,200×1,440)
QHD+ 有機ELディスプレイ
RAM 8GB / 12GB 8GB / 12GB
ROM 128GB 128GB / 512GB
SDカード microSDXC(最大1TB) microSDXC(最大1TB)
電池容量 4,000mAh 4,500mAh
高さ×幅×厚さ 約151.7x69.1x7.9(mm) 約161.9x73.7x7.8(mm)
重量 約163g 186g

「Galaxy S20」のCPUは発売される地域や国によって「Snapdragon 865」と「Exynos 990」の2モデルがありますが、日本版にExynosシリーズが搭載される事はほとんどないため「Snapdragon 865」が搭載されると予想されています。

RAMもモデルによって8GBモデルと12GBモデルがありますが、どちらが採用されるかは正式に発表されていません。

外側カメラには、

  • 1,200万画素の広角カメラ
  • 1,200万画素の超広角カメラ
  • 6,400万画素の望遠カメラ

の3つのカメラが搭載され、「Galaxy S20+」にのみToFカメラ(被写体との距離を測るための補助的なカメラ)が搭載されたクアッドカメラ仕様になっています。

ディスプレイにはQHD+の有機ELディスプレイが採用され、今作から120Hzのリフレッシュレートにも対応。

電池容量は前作からさらに大きくなり、「Galaxy S20」には4,000mAh、「Galaxy S20+」には4,500mAhの大容量バッテリーが搭載されました。

Galaxy S20 の便利機能

Galaxy S20 の便利機能
テザリング 未定
おサイフケータイ 未定
ワンセグ:フルセグ 未定
赤外線通信 未定
ハイレゾ 未定
ワイヤレス充電
イヤホンジャック
Bluetooth
防水:防塵 IPX5/8 : IP6X
耐衝撃
スピーカー ステレオスピーカー
生体認証 顔認証センサー
指紋認証センサー

つづいて便利機能ですが、日本独自機能については公式に発表がないので未定としていますが、「ワンセグ / フルセグ」以外は対応されると予想されます。

Galaxy S10」から大きな変更はありませんが、引き続きイヤホンジャックは非搭載となりました。

Galaxy S20 と Galaxy S20+ との違い

Galaxy S20+ はToFカメラ搭載

Galaxy S20 事前レビュー!スペックや評価・カメラ性能まとめ

「Galaxy S20」のアウトカメラには、

  • 1,200万画素の広角カメラ
  • 1,200万画素の超広角カメラ
  • 6,400万画素の望遠カメラ

の3つのカメラが搭載されていますが、「Galaxy S20+」に上記の3つのカメラにプラスしてToFカメラが搭載されています。

ToFカメラは被写体との距離を測るための補助的なカメラになっていて、これがある事により背景をぼかす際により自然な写真に仕上がるようになるんですね。

ちょうど「Galaxy S10」でもインカメラで同様の違いがあったので、比較してみた写真がこんな感じ。

Galaxy S10

Galaxy S10+

※クリックで拡大できます

「Galaxy S10」ではソフトウェア処理によって背景をぼかしているのに対して、「Galaxy S10+」ではToFカメラによって、より自然に背景をぼかしています。

ただし、体感レベルで違いがわかるかと言われると正直微妙。

Galaxyはソフトウェア処理もかなり優れているので、上の写真を見て「どこが違うの?」って思った人はToFカメラの存在はそこまで気にしなくていいかもしれません。

Galaxy S20 は5Gのミリ波帯に非対応

Galaxy S20 事前レビュー!スペックや評価・カメラ性能まとめ

「Galaxy S20」と「Galaxy S20+」は両機種ともに5Gに対応したスマートフォンですが、「Galaxy S20」が対応しているのはsub-6(6GHz未満の周波数帯)のみ で「ミリ波帯」と呼ばれる周波数帯には対応していません。

5Gで使われる周波数帯は、大きく分けて3.6~6GHz(sub-6)と30~300GHz(ミリ波)の2つがありますが、両方の周波数帯に対応しているのは「Galaxy S20+」と「Galaxy S20 Ultra」のみという事になります。

「ミリ波帯」に非対応な事で実際にどんなデメリットがあるのかはまだ不明ですが、完全な5G対応機種がほしい人は「Galaxy S20+」を選んだほうが安心かもしれません。

Galaxy S20 の前作から進化したポイント

新たな撮影モード「シングルテイク」

Galaxy S20 事前レビュー!スペックや評価・カメラ性能まとめ

「シングルテイク」は、最大10秒の短い動画を撮影すると様々なエフェクト加工がついた写真やショートムービーを自動で作ってくれる新機能。

1度撮影するだけで3つのアウトカメラ全てで撮影する事ができ、最大で14個のファイルを作成してくれます。

SNSを活用するユーザー向けの機能らしいですが、SNSを活用する人ってこだわりをもって動画撮影していて自動で作成されたショートムービーなんて使わない印象なんですが、便利なんでしょうか・・・。

個人的には、注目度は低めです。

リフレッシュレート120Hzに対応

Galaxy S20 事前レビュー!スペックや評価・カメラ性能まとめ

「Galaxy S20」と「Galaxy S20+」のディスプレイにはQHD+の有機ELディスプレイが採用され、リフレッシュレート120Hzにも対応して、より滑らかな映像が楽しめるように進化しています。

ただし、リフレッシュレートを高めるとそれだけ電池消耗も激しくなるので注意。

Galaxy S20シリーズのリフレッシュレートは初期設定では60Hzに設定されていて、必要に応じて切り替えられるようになっているようです。

リフレッシュレートとは

「リフレッシュレート」とは、1秒間にどれくらい画面が更新されるかを表す数値です。

Galaxy S20シリーズのリフレッシュレートは120Hzなので、1秒間に120回更新されるという事ですね。ほとんどの機種では60Hzで表示されているため、他機種に比べて2倍滑らかな映像を楽しむ事ができます。

8K動画が撮れるようになった

Galaxy S20 事前レビュー!スペックや評価・カメラ性能まとめ

動画撮影では、「Galaxy S20」と「Galaxy S20+」の両機種でスマートフォンでは初となる「8K / 30fps」での撮影が可能になりました。

また、撮影した8K動画からは、いつでも約3,300万画素の写真をキャプチャできます。

Galaxy S20 の発売日と本体価格

Galaxy S20 事前レビュー!スペックや評価・カメラ性能まとめ

「Galaxy S20」と「Galaxy S20+」の日本での発売日や価格は未定ですが、アメリカでは2020年2月21日より予約が開始され、価格は、

  • Galaxy S20 5G:999.99ドル~
  • Galaxy S20+5G:1,199.99ドル~
  • Galaxy S20 Ultra 5G:1,399.99ドル~

となっています。

日本円にすると「Galaxy S20」が11万円弱という事で、前作から価格はほぼ据え置きという事になりますね。

-au 2020年夏モデル, スマホ評価レビュー, ドコモ 2020年夏モデル
-, , , , ,

Copyright© おすすめスマホを徹底比較レビュー!くろねこのみみ , 2020 All Rights Reserved.