docomo(ドコモ)

ドコモ 機種変更で安いスマホはどれ?値下げされた格安機種情報まとめ

更新日:

ドコモで機種変更をする場合に、本体価格が安くなっていてお得なスマホの情報をまとめて紹介しています。

ドコモの機種変更で、コストパフォーマンスの良い機種や、できるだけ安い機種を検討している人は参考にしてみて下さい。

ドコモで機種変更する前に知っておきたい情報

ドコモ 機種変更で安いスマホはどれ?値下げされた格安機種情報まとめ

ドコモで機種変更をするにあたって、

  • とにかく安い機種がほしい
  • 性能よりも価格重視!

という人は、値下げされた機種やセール機種を購入するよりも「docomo with対象機種」を購入するのがおすすめです。

docomo with は格安SIMに対抗したドコモの施策で、ほとんどの端末が機種変更でも実質0円程度で購入できるのが特徴。なかには実質0円以下の機種もあり月々サポートとは違い、割引が2年では終わらず、終了条件を満たさない限りずっと毎月1,500円割引されるので、トータルでは特価機種を購入するよりもずっとお得に利用する事ができます。

なので、値下げされた機種やセール機種を購入する場合には「docomo with対象機種」にはならない人気のiPhoneシリーズやXperiaシリーズから選ぶのがおすすめ。

また、乗り換え(MNP)のようにお店によって本体価格が変わる事もないので、頭金や事務手数料を何千円もとられて損をしないように ドコモ公式オンラインショップ で購入するようにしましょう。

2018年4月13日から5機種で本体価格の値下げを発表

機種変更時の本体価格(Xi→Xi)
機種名 本体価格 割引額 購入額
Xperia XZ Premium SO-04J 93,960円 -54,432円 39,528円
(1,647円×24)
Xperia XZs SO-03J 85,536円 -64,800円 20,736円
(864円×24)
Galaxy S8 SC-02J 93,960円 -68,040円 25,920円
(1,080円×24)
AQUOS R SH-03J 89,424円 -68,688円 20,736円
(864円×24)
らくらくホン F-02J 40,824円 -21,384円 19,440円
(810円×24)

ドコモは2018年4月13日から上記のスマホ4機種と通常ケータイ(ガラケー)1機種の値下げを発表しました。

スマホの4機種はいずれも2017年の夏モデルで、CPUに「Snapdragon 835」を搭載した各メーカーのフラッグシップモデルとなっています。

1番人気のある「Xperia XZ Premium SO-04J」の割引額が物足りないのは残念ですが、

  • Xperia XZs SO-03J
  • Galaxy S8 SC-02J
  • AQUOS R SH-03J

の割引率は70%を超えていて、2018年夏モデルで後継モデルが発表される兼ね合いから、在庫がなくなり次第販売終了になると思われます。最終値下げになる確率も高いので、狙っていた人は購入してしまっても良いかもしれませんね。

ドコモ 最安値スマホ機種

機種変更時の本体価格(Xi→Xi)
機種名 本体価格 割引額 購入額
V20 PRO L-01J 84,888円 -84,240円 648円
Disney Mobile DM-01J 58,320円 -57,672円 648円
MONO MO-01J 32,400円 -31,752円 648円
AQUOS EVER SH-02J 32,400円 -26,568円 5,832円
(243円×24)

現在、最安値となっているドコモのスマートフォンは上記の4機種。

スペックも高めで処理能力もそれなりにあるので、購入するのなら「V20 PRO L-01J」が圧倒的におすすめです。

また、「Disney Mobile DM-01J」はディズニー仕様になっている「AQUOS EVER SH-02J」なので、648円で購入できるのであればお得感はありますね。ただし、「Disney Mobile DM-01J」も「AQUOS EVER SH-02J」も処理能力はかなり低く、ゲームなどのプレイには向かない機種なので注意して下さい。

逆に、絶対に購入してはいけないのは「MONO MO-01J」。

この機種は発売開始当初から「650円スマホ」として話題を集めていて、販売額が現在になっても変わっていないだけでなく、後継機で「MONO MO-01J」よりも性能の高い「MONO MO-01K」が実質0円以下で購入できてしまいます。

「MONO MO-01K」は docomo with対象機種 で、終了条件を満たさない限りずっと毎月1,500円割引される端末なので、「MONO MO-01J」を購入するなら「MONO MO-01K」を購入したほうがダンゼンお得です。

ドコモ 実質購入価格が2万円以下で購入できるスマホ機種

機種変更時の本体価格(Xi→Xi)
機種名 本体価格 割引額 購入額
iPhone 7 32GB 82,296円 -71,928円 10,368円
(432円×24)
iPhone SE 32GB 51,192円 -35,640円 15,552円
(648円×24)
Galaxy S7 edge SC-02H 93,960円 -78,408円 15,552円
(648円×24)
Xperia X Compact SO-02J 63,504円 -47,952円 15,552円
(648円×24)
Disney Mobile DM-01K 60,912円 -45,360円 15,552円
(648円×24)

現在、2万円以下で購入できるドコモのスマートフォンは上記の5機種。厳密にはこの他に「iPhone 6s」などもありますが、後継機の「iPhone 7」より高い価格になっているので除外しています。

上記の機種で選ぶなら「iPhone 7」か「Disney Mobile DM-01K」がおすすめ。

「iPhone 7」は、現在でもコストパフォーマンスの面から「iPhone 8」とどちらを購入しようか迷うほどの高性能機種で、この価格帯では圧倒的な処理能力を誇ります。

「Disney Mobile DM-01K」は、スペックはかなり低い機種なんですが2018年の春モデルという新しさからお得感がありますよね。

低価格ながら、できるだけ高性能なスマホを購入したい場合は「iPhone 7」、ディズニーが好きで低スペックでも最新のディズニースマホがほしい人は「Disney Mobile DM-01K」といったところでしょうか。

契約前に確認しておきたい割引サービス

家族まとめて割

ドコモ 機種変更で安いスマホはどれ?値下げされた格安機種情報まとめ詳細ページはこちら

「家族まとめて割」は、同一シェアグループ内で2台以上対象機種を購入した場合に、それぞれ5,184円(税込)が割引されるキャンペーン。

キャンペーン期間は、

2018年4月1日(日)~2018年5月31日(木)

となっていて、適用条件は、

  • シェアパックかシェアオプションで同一シェアグループ内の契約である事
  • キャンペーン期間内に2台以上の「家族まとめて割」対象機種の購入

です。

対象機種には、割引対象となるものと、2台以上の購入の計上対象となるが割引対象にはならないものがあるので、必ず購入予定の端末が「家族まとめて割」の対象機種になっているか確認をしておきましょう。

下取りプログラム

ドコモ 機種変更で安いスマホはどれ?値下げされた格安機種情報まとめ

「下取りプログラム」は、機種の購入時に現在使用している携帯端末を下取りに出す事で「dポイント」が受け取れるプログラム。

新規契約(MNP含む)、機種変更で利用可能で、「dポイント」は機種の購入代金や毎月の利用料金で「1ポイント=1円」として使用する事ができます

適用条件は、

  • dポイントクラブ に加入している事
  • 申し込み時点で正常に動作する機種である事
  • 各種ロックがかかっていない事

となっていて、全国のドコモショップ、ドコモ取扱い店舗、 ドコモ公式オンラインショップ でのみ申し込み可能です。

下取りに出す携帯端末の買取価格は毎月変動しているので、ドコモの公式サイトで確認して下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でくろねこのみみをフォローしよう!

-docomo(ドコモ)

Copyright© くろねこのみみ , 2018 All Rights Reserved.