ドコモ らくらくスマートフォン me F-01Lが機種変更で実質189円!料金・価格からお得なキャンペーンまで徹底解説

Source by nttdocomo

ドコモ 2018-2019年冬春モデル ドコモのスマホ 機種変更で値下げされた安い機種情報まとめ

ドコモ らくらくスマートフォン me F-01Lが機種変更で実質189円!料金・価格からお得なキャンペーンまで徹底解説

投稿日:

ドコモが2019年2月15日(金)に「らくらくスマートフォン me F-01L」の発売を開始しました。

本体価格は43,416円(税込)。

割引を引いた機種変更での本体価格は4,536円となり、24回払いの分割で購入する場合、月額の実質負担金は189円となります。

この記事では「らくらくスマートフォン me F-01L」に機種変更した場合の月額料金や価格、お得な割引キャンペーンを紹介していきます。

ドコモの「らくらくスマートフォン me F-01L」への機種変更を検討している人は参考にしてみて下さい。

くろねこ
実質負担金とは、毎月の請求から割引額を引いた「実際に支払う本体代金」の事です

ドコモ らくらくスマートフォン me F-01Lの機種変更時の本体価格

らくらくスマートフォン me F-01L 機種変更時の本体価格

ドコモ らくらくスマートフォン me F-01Lの機種変更時の本体価格

機種変更時の本体価格(Xi→Xi)
本体価格 43,416円
(1,809円×24)
docomo with -38,880円
(-1,620円×24)
実質負担金 4,536円
(189円×24)

ドコモの「らくらくスマートフォン me F-01L」の本体価格は42,120円(税込)。

実際に支払う金額はここから「docomo with」の割引きを引いた「実質負担金」となり、機種変更での「らくらくスマートフォン me F-01L」の本体価格は24回払いの分割で月額189円になります。

らくらくスマートフォン me F-01L の機種変更時の月額料金シミュレーション

1人で契約する場合 家族に代表回線を契約
している人がいる場合
通話プラン  1,058円
(シンプルプラン)
 1,058円
(シンプルプラン)
 spモード  324円 324円
データプラン 3,132円
ベーシックパック(1GB未満)
540円
(シェアオプション)
端末代金 1,809円 1,809円
docomo with -1,620円 -1,620円
月額料金 4,703円 2,111円

これは、「らくらくスマートフォン me F-01L」を24回払いで購入したとして、ドコモの料金プランの中でできるだけ料金が安くなるように計算した月額料金のシミュレーションです。

1人で利用する場合には、毎月使用するデータ容量を1GB未満に抑えれば月額4,703円(税込)から、シェアオプションで利用する場合には月額2,111円(税込)から利用する事ができます。

くろねこ
ただし、「ベーシックパック」は使用したデータ容量によって最大で7,374円まで料金が上がる可能性があるので注意して下さいね!

ドコモ らくらくスマートフォン me F-01L の本体カラーとスペック

らくらくスマートフォン me F-01L のカラーバリエーション

らくらくスマートフォン me F-01L のカラーバリエーション

「らくらくスマートフォン me F-01L」のカラーバリエーションは、

  • ピンク
  • ブラック
  • ゴールド

の3色です。

ピンク
らくらくスマートフォン me F-01L のカラーバリエーション

ブラック
らくらくスマートフォン me F-01L のカラーバリエーション

ゴールド
らくらくスマートフォン me F-01L のカラーバリエーション

らくらくスマートフォン me F-01L のスペック詳細

らくらくスマートフォン me F-01L らくらくスマートフォン me F-03K
CPU Snapdragon 450 Snapdragon 625
外側カメラ 約1,310万画素 約1,310万画素
内側カメラ 約500万画素 約500万画素
ディスプレイ 約4.7インチ HD(1,280×720) 約4.5インチ HD(1,280×720)
RAM 3GB 2GB
ROM 32GB 16GB
SDカード microSDXC(最大400GB) microSDXC(最大256GB)
電池容量 2,110mAh 2,100mAh
連続待受(LTE) 410時間 約560時間
高さ×幅×厚さ 約143x70x9.3(mm) 約137×67×9.9(mm)
重量 約143g 約138g

「らくらくスマートフォン me F-01L」のCPUには「Snapdragon 450」が搭載され、前作の「Snapdragon 625」から処理能力が少しダウン。

RAMは3GB、ROMは32GBにアップして、ディスプレイは約4.7インチに大きくなり、新たに「有機EL」が採用されました。

電池容量はほぼ前作と同じですが、電池持ちが少し悪くなっているのが気になりますね。

「らくらくスマートフォン me F-01L」はスペックの進化というよりも、らくらくタッチパネルの復活やハンドソープで洗えるなど、便利機能を中心に進化している印象です。

ドコモ らくらくスマートフォン me F-01L のおすすめポイント

ポートレートモードが使える

らくらくスマートフォン me F-01Lで撮影したポートレートモード写真

「らくらくスマートフォン me F-01L」のカメラには、新しく被写体を強調して背景をぼかす「ポートレートモード」が搭載されました。

精度もそれなりに良いので使いやすい印象ですね。

らくらくスマートフォン me F-01Lで撮影したポートレート写真

よく見ると髪の毛の先端がボケてしまっていたりと、細かい部分の精度はハイエンドモデル並みとまではいきませんが、十分実用的なレベルだと感じました。

背景のボケの強さも撮影後にレバーで簡単に調整できるので、かなり優秀だと思います。

くろねこ
4万円台のスマホで「ポートレートモード」が使える機種はほとんどないので嬉しいですね

ハンドソープで洗える

らくらくスマートフォン me F-01Lを洗っている様子

同じ富士通のスマホ「arrows Be F-04K」で好評だったハンドソープで洗える機能が「らくらくスマートフォン me F-01L」でも使えるようになりました。

常にスマホを清潔な状態に保てるので、小さいお子さんがいる家庭でも安心ですね。

ただし、使えるハンドソープは「泡タイプ」のみなので注意して下さい。

血管年齢をいつでも測れる

らくらくスマートフォン me F-01Lで血管年齢を測る様子

「らくらくスマートフォン me F-01L」から、新しく血管年齢がいつでも測れる「脈波センサー」が本体裏面に搭載されました。

血管年齢を計測すると、そのほかに「体のストレスレベル」と簡易的なアドバイスが表示されるのも嬉しいですね。

体のストレスレベル表示画面

日々の計測記録や、計測する時間にアラームを設定したりなど、直感的に操作できる仕組みになっているのも使いやすかったです。

くろねこ
「血管年齢」が測れるのは、ドコモのスマホの中でも「らくらくスマートフォン me F-01L」だけの特徴です

「らくらくホンセンター」がすごく便利!

ドコモ「らくらくホンセンター」の様子

「らくらくスマートフォン me F-01L」では、専用ボタンを押すだけですぐに「らくらくホンセンター」に電話をする事ができ、操作方法やわからない事を通話料無料で教えてもらう事ができます。

よくありがちな、電話をしてみたもののナビダイヤルに繋がるという事もなく、直接オペレーターに繋がるので使い勝手はかなり良いですね。

いつでも電話で詳しい人に操作方法を聞けるので、安心して使用できると思います。
※「らくらくホンセンター」の受付は午前9時~午後20時までです

くろねこ
個人的にはドコモの「らくらくホン」の中でダントツ1番の便利機能です

ドコモ らくらくスマートフォン me F-01L のデメリット

夜の撮影は肉眼よりも暗くなる

らくらくスマートフォン me F-01Lで撮影した夜の東京駅

「らくらくスマートフォン me F-01L」の夜のカメラ性能は、肉眼で見た印象よりも写真のほうが暗い仕上がりになるという特徴があります。

細かい部分では「白飛び」などもあって、けして高画質とはいえないですね。

試しに「AQUOS sense2」と比べてみましたが、

らくらくスマートフォン me F-01L

AQUOS sense2

※クリックで拡大できます

こんな感じに。

「らくらくスマートフォン me F-01L」の写真のほうが全体的に暗い印象になっているのが確認できますよね。

ただし、4万円程度のスマホのカメラと考えると平均レベルだと思います。

動画は白飛びとカクつきが気になる

「らくらくスマートフォン me F-01L」の動画撮影では、

  • フルHD / 30fps
  • HD / 30fps
  • 640×480

の解像度から動画サイズを選ぶ事ができ、全ての解像度で手ぶれ補正機能も搭載してます。

実際に撮影をしてみましたが、昼間の撮影では白飛びが気になるのと、手ぶれ補正の精度が微妙でたまにカクつくのが気になりました。

夜の撮影では、全体的にぼやっとした印象になってしまうのが残念ですね。

くろねこ
総合的に動画の性能はイマイチなので、動画の画質を重視している人は注意して下さい

新機能「花ノート」は使い勝手が微妙

花ノートで撮影したスミレ

花ノートで撮影したスミレ

「らくらくスマートフォン me F-01L」には、カメラで撮影した花の名前がわかる新機能「花ノート」が搭載されています。

ただし、実際に撮影してみると、いくつかある候補の中から自分で正解を選ぶ必要があり、使い勝手はちょっと微妙でした。

F-01Lの花ノート選択画面

こんな感じですね。

候補には撮影した花とはまったく似ていないものが出てきたり、そっくりな花がいくつも出てきたりして、

クイズかよっ!

ってツッコミを入れたくなりました。

毎回候補の中から正解を選ばなければならないので、「撮影した花の名前がわかる」はちょっと違うなという印象です。

くろねこ
登録した花はいつでもネット検索できたりと、発想自体は素敵なので今後に期待ですね

反応はワンテンポ遅い

らくらくスマートフォン me F-01Lを操作している様子

「らくらくスマートフォン me F-01L」には、スタンダードモデルで主流になっている比較的処理能力の低めなCPU「Snapdragon 450」が採用されているので、アプリの起動やネット検索などの動作はハイエンドモデルと比べるとワンテンポ遅いです。

スタンダードモデルの全ての機種に言える事ですが、サクサク動くっていう感じではないので注意ですね。

機種変更前に確認しておきたい割引キャンペーン

2019年「ドコモの学割」

ドコモの契約前に確認しておきたい割引キャンペーンまとめ

2019年「ドコモの学割」は、25歳以下の人が対象契約で申し込をした場合に、申込み当月(日割り計算)+12か月間、毎月の利用料金から1,500円が割引されるキャンペーン。

対象契約は、

  • 乗り換え(MNP)
  • 新規契約
  • 契約変更(FOMA→Xi)

のみ。

条件を満たす事で自動適用になるので、申込みは不要です。

ただし、人気の割引キャンペーンdocomo with」や「ウェルカムスマホ割」との併用は不可で、同時に適用条件を満たした場合には割引期間の長い「docomo with」が優先されるので注意して下さい。

 
併用可能な割引キャンペーン

家族まとめて割

ドコモの契約前に確認しておきたい割引キャンペーンまとめ

「家族まとめて割」は、同一シェアグループ内で2台以上対象機種を購入した場合に、それぞれ5,184円(税込)が割引されるキャンペーン。

キャンペーン期間は、

2019年4月1日(月)~2019年5月31日(金)

となっていて、適用条件は、

  • シェアパックかシェアオプションで同一シェアグループ内の契約である事
  • キャンペーン期間内に2台以上の「家族まとめて割」対象機種の購入

です。

対象機種には、割引対象になる機種と、2台以上の購入の計上対象にはなるが割引対象にはならない機種があるので、必ず購入予定の端末が「家族まとめて割」の対象機種になっているか確認をしておきましょう。

 
併用可能な割引キャンペーン

ドコモオンラインショップ SPECIAL CAMPAIGN

ドコモのスマホ 契約前に確認しておきたい割引キャンペーンまとめ

ドコモオンラインショップ「SPECIAL CAMPAIGN」は、

  1. 対象機種購入で5,184円割引
  2. 648円~のお得な機種の追加
  3. 5月5日~15日限定で抽選で5,000ptプレゼント
  4. 機種別の購入特典

の4つの特典が受けられるドコモ公式オンラインショップ 限定の割引キャンペーン。

キャンペーンの受付期間は、

2019年2月1日~2019年5月31日

までで、特に月曜日限定で抽選でdポイント5,000ptがプレゼントされるSPECIAL MONDAY(スペシャルマンデイ)がお得なので、ぜひチェックしてみて下さい。

 
併用可能な割引キャンペーン

ドコモのご家族紹介特典

ドコモの契約前に確認しておきたい割引キャンペーンまとめ

「ドコモのご家族紹介特典」は、すでにドコモを契約している人が家族を紹介してドコモで乗り換え(MNP)契約をした場合に、一人紹介につき10,000ptのdポイントが貰えるキャンペーン。

キャンペーン期間は、

2019年4月1日(月)~2019年5月31日(金)

までとなっていて対象機種は、

  • iPhone
  • Google Pixel
  • androidスマートフォン
  • ドコモらくらくホン
  • 通常ケータイ(ガラケー)※キッズケータイ除く

のほぼ全機種。

dポイントの進呈は、対象機種を購入した月の翌々月上旬に行われます。

 
併用可能な割引キャンペーン

ウェルカムスマホ割

ドコモの「ウェルカムスマホ割」なら月額0円も可能?!適用条件と申し込み方法を徹底解説

「ウェルカムスマホ割」は、ドコモのフィーチャーフォン(ガラケー)からの機種変更や、他社ガラケーからの乗り換え(MNP)でドコモのスマホを契約した人を対象に、利用料金から毎月1,500円が13カ月間割引されるキャンペーン。

適用条件は、

  • FOMA(ガラケー)からXi(スマホ)への契約変更
  • 他社ケータイからの乗りかえでスマホの新規契約

となっています。

 
併用可能な割引キャンペーン

機種変更応援プログラム/プラス

ドコモの契約前に確認しておきたい割引キャンペーンまとめ

ドコモには、購入した端末の24ヵ月の割賦支払い終了を待たずに機種変更をする事ができるオプションサービスとして、

があります。

機種変更応援プログラムプラス」は「iPhone 8」以降のiPhone専用のオプションサービスで、「機種変更応援プログラム」がそれ以外の機種に適用できるオプションサービスとなっていて、端末の購入時にしか加入する事ができません。

どちらのサービスも、ずっとドコモを利用し続ける人にとってはお得なオプションとなっているので、端末を購入する前に加入するかどうかを決めておきましょう。

 
併用可能な割引キャンペーン

ケータイ補償サービス

ドコモのスマホ 契約前に確認しておきたい割引キャンペーンまとめ

現在ドコモでは、購入した携帯電話が画面割れや水没などで故障してしまった時の補償サービスとして、

  • androidスマホやガラケーなら「ケータイ補償サービス」
  • iPhoneやiPadなら「ケータイ補償サービス for iPhone & iPad」

を提供しています。

月額料金と補償内容は購入する機種によって異なりますが、「ケータイ補償サービス」も「ケータイ補償サービス for iPhone & iPad」も申し込み日から31日間は無料となっているので、心配な人はとりあえず加入しておいて無料期間内でじっくりと考えて継続するか決めましょう。

途中で解約した場合には、次に端末を購入する時まで加入する事ができないので注意して下さい。

 
併用可能な割引キャンペーン

下取りプログラム

ドコモの契約前に確認しておきたい割引キャンペーンまとめ

ドコモの「下取りプログラム」は、機種変更や乗り換えで新しく携帯電話を購入した際に、以前使用していた携帯電話を下取りに出す事で「機種に応じたdポイント」が受け取れる割引サービスです。

受付方法には、

  • 店頭方式
  • 郵送方式

の2種類があり、店頭方式の場合はその場で値引き、郵送方式の場合は後日dポイントが進呈され、受け取ったdポイントは機種の購入代金や毎月の利用料金で「1ポイント=1円」として使用する事ができます。

下取り価格は毎月変動しているので、あらかじめドコモの公式サイトで確認しておくとスムーズだと思います。

 
併用可能な割引キャンペーン

ずっとドコモ割プラス

ドコモの契約前に確認しておきたい割引キャンペーンまとめ

「ずっとドコモ割プラス」は、dポイントクラブ のステージに応じて、

  • 毎月の利用料金から割引
  • 毎月dポイント進呈

のどちらかの割引が受けられるサービス。

申し込みは不要・自動適用となっていて、dポイント進呈を選んだ場合には料金割引の1.2倍のdポイントが受け取れます。ただし、シェアパックを利用している人は、代表回線のステージに応じた料金割引またはdポイント進呈になるので注意して下さい。

また、2年契約の満了後に「ずっとドコモ割コース」を選ぶと「更新ありがとうポイント」が3,000円分のdポイントがプレゼントされ、ドコモ商品の購入、dマーケット、dポイント加盟店で使用する事ができます。

シェアパック(料金割引/ポイント進呈)
料金プラン/ステージ 1st 2nd 3rd 4th プラチナ
ウルトラシェアパック100 -1,000円/1,200pt -1,200円/1,440pt -1,800円/2,160pt -2,500円/3,000pt
ウルトラシェアパック50 -800円/960pt -1,000円/1,200pt -1,200円/1,440pt -1,800円/2,160pt
ウルトラシェアパック30 -600円/720pt -800円/960pt -1,000円/1,200pt -1,200円/1,440pt
ベーシックシェアパック30GB -600円/720pt -800円/960pt -1,000円/1,200pt -1,200円/1,440pt
ベーシックシェアパック15GB -600円/720pt -800円/960pt -1,000円/1,200pt -1,200円/1,440pt
ベーシックシェアパック10GB -400円/480pt -600円/720pt -800円/960pt -1,000円/1,200pt
ベーシックシェアパック5GB -100円/120pt -200円/240pt -600円/720pt -900円/1,080pt
データパック(料金割引/ポイント進呈)
料金プラン/ステージ 1st 2nd 3rd 4th プラチナ
ウルトラデータLLパック -200円/240pt -400円/480pt -600円/720pt -800円/960pt
ウルトラデータLパック -100円/120pt -200円/240pt -600円/720pt -800円/960pt
ベーシックパック20GB -100円/120pt -200円/240pt -600円/720pt -800円/960pt
ベーシックパック5GB -100円/120pt -200円/240pt -600円/720pt -800円/960pt
ベーシックパック3GB -600円/720pt
ベーシックパック1GB -200円/240pt

 
併用可能な割引キャンペーン

ドコモ光セット割

ドコモの契約前に確認しておきたい割引キャンペーンまとめ

「ドコモ光セット割」は、自宅のインターネット回線とドコモの携帯回線をセットで利用している場合に、契約しているプランに応じて割引が受けられるサービス。

割引内容は、

家族でシェアパックを利用する場合
利用中のパケットパック 割引額/月
(マンション/戸建)
ウルトラシェアパック100 -3,500円
ウルトラシェアパック50 -2,900円
ウルトラシェアパック30 -2,500円
ベーシックシェアパック30GB -1,800円
ベーシックシェアパック15GB -1,800円
ベーシックシェアパック10GB -1,200円
ベーシックシェアパック5GB -800円
一人で利用する場合
利用中のパケットパック 割引額/月
(マンション/戸建)
ウルトラデータLLパック -1,600円
ウルトラデータLパック -1,400円
ベーシックパック20GB -800円
ベーシックパック5GB -800円
ベーシックパック3GB -200円
ベーシックパック1GB -100円
ケータイパック -500円(1年間のみ)

となっていて、インターネット回線と携帯回線をセットで利用している限りずっと割引が受けられるのが特徴です。

 
併用可能な割引キャンペーン

ドコモの機種変更で15,000円以上安く購入する方法

ドコモ 2018年夏モデル おすすめ人気ランキング

ドコモでスマホを購入するならドコモ公式オンラインショップ が圧倒的におすすめです。

公式オンラインショップでの購入には、

  • 待ち時間なし
  • 事務手数料無料
  • 2,500円以上の購入で送料無料

というメリットがあり、ドコモショップや店頭で購入する際に通常3,000円~10,000円程度かかる「頭金」もかかりません

ドコモショップの頭金

さらに、2019年5月31日までの購入であれば5,184円割引のキャンペーン特典が受けられるので、ドコモショップや店頭との差は20,000円以上になる事も・・・。

例えば、私が「Xperia XZ3」に機種変更した時の例だと、

ドコモショップや店頭 ドコモオンラインショップ
本体価格 98,496円 98,496円
月々サポート -41,472円 -41,472円
キャンペーン割引 - -5,184円
実質負担金 57,024円 51,840円
事務手数料 2,160円 0円
頭金 8,640円 0円
合計 67,824円 51,840円

となり、15,984円もお得に機種変更する事ができました。

操作方法など、ショップで接客を受けたい場合も、オンラインショップでお得に購入してから、受け取り方法を近隣のドコモショップにする事で「無料」で接客を受けられるので、ドコモオンラインショップを活用してお得にスマホを購入しましょう。

くろねこ
ネット注文なら待ち時間もなく、事務手数料もかかりませんよー!

ドコモの「頭金」はボッタクリ!?頭金なしで契約できる店舗はSource by docomo

 

【公式サイト】で最新情報をチェック

 ドコモ公式オンラインショップ

 ⇒au公式オンラインショップ

 ソフトバンク公式オンラインショップ

-ドコモ 2018-2019年冬春モデル, ドコモのスマホ 機種変更で値下げされた安い機種情報まとめ
-, , ,

Copyright© おすすめスマホを徹底比較レビュー!くろねこのみみ , 2019 All Rights Reserved.