ドコモ らくらくスマートフォン me F-01Lが機種変更で実質189円!料金・価格からお得なキャンペーンまで徹底解説

Source by nttdocomo

docomo(ドコモ) ドコモ 2018-2019年冬春モデル

ドコモ らくらくスマートフォン me F-01Lが機種変更で実質189円!料金・価格からお得なキャンペーンまで徹底解説

ドコモが2019年2月15日(金)に「らくらくスマートフォン me F-01L」の発売を開始しました。

本体価格は43,416円(税込)。

割引を引いた機種変更での本体価格は4,536円となり、24回払いの分割で購入する場合、月額の実質負担金は189円となります。

この記事では「らくらくスマートフォン me F-01L」に機種変更した場合の月額料金や価格、お得な割引キャンペーンを紹介していきます。

ドコモの「らくらくスマートフォン me F-01L」への機種変更を検討している人は参考にしてみて下さい。

くろねこ
実質負担金とは、毎月の請求から割引額を引いた「実際に支払う本体代金」の事です

ドコモ らくらくスマートフォン me F-01Lの機種変更時の本体価格

らくらくスマートフォン me F-01L 機種変更時の本体価格

ドコモ らくらくスマートフォン me F-01Lの機種変更時の本体価格

機種変更時の本体価格(Xi→Xi)
本体価格 43,416円
(1,809円×24)
docomo with -38,880円
(-1,620円×24)
実質負担金 4,536円
(189円×24)

ドコモの「らくらくスマートフォン me F-01L」の本体価格は42,120円(税込)。

実際に支払う金額はここから「docomo with」の割引きを引いた「実質負担金」となり、機種変更での「らくらくスマートフォン me F-01L」の本体価格は24回払いの分割で月額189円になります。

らくらくスマートフォン me F-01L の機種変更時の月額料金シミュレーション

1人で契約する場合 家族に代表回線を契約
している人がいる場合
通話プラン  1,058円
(シンプルプラン)
 1,058円
(シンプルプラン)
 spモード  324円 324円
データプラン 3,132円
ベーシックパック(1GB未満)
540円
(シェアオプション)
端末代金 1,809円 1,809円
docomo with -1,620円 -1,620円
月額料金 4,703円 2,111円

これは、「らくらくスマートフォン me F-01L」を24回払いで購入したとして、ドコモの料金プランの中でできるだけ料金が安くなるように計算した月額料金のシミュレーションです。

1人で利用する場合には、毎月使用するデータ容量を1GB未満に抑えれば月額4,703円(税込)から、シェアオプションで利用する場合には月額2,111円(税込)から利用する事ができます。

くろねこ
ただし、「ベーシックパック」は使用したデータ容量によって最大で7,374円まで料金が上がる可能性があるので注意して下さいね!

ドコモ らくらくスマートフォン me F-01L の本体カラーとスペック

らくらくスマートフォン me F-01L のカラーバリエーション

らくらくスマートフォン me F-01L のカラーバリエーション

「らくらくスマートフォン me F-01L」のカラーバリエーションは、

  • ピンク
  • ブラック
  • ゴールド

の3色です。

ピンク
らくらくスマートフォン me F-01L のカラーバリエーション

ブラック
らくらくスマートフォン me F-01L のカラーバリエーション

ゴールド
らくらくスマートフォン me F-01L のカラーバリエーション

らくらくスマートフォン me F-01L のスペック詳細

らくらくスマートフォン me F-01L らくらくスマートフォン me F-03K
CPU Snapdragon 450 Snapdragon 625
外側カメラ 約1,310万画素 約1,310万画素
内側カメラ 約500万画素 約500万画素
ディスプレイ 約4.7インチ HD(1,280×720) 約4.5インチ HD(1,280×720)
RAM 3GB 2GB
ROM 32GB 16GB
SDカード microSDXC(最大400GB) microSDXC(最大256GB)
電池容量 2,110mAh 2,100mAh
連続待受(LTE) 410時間 約560時間
高さ×幅×厚さ 約143x70x9.3(mm) 約137×67×9.9(mm)
重量 約143g 約138g

「らくらくスマートフォン me F-01L」のCPUには「Snapdragon 450」が搭載され、前作の「Snapdragon 625」から処理能力が少しダウン。

RAMは3GB、ROMは32GBにアップして、ディスプレイは約4.7インチに大きくなり、新たに「有機EL」が採用されました。

電池容量はほぼ前作と同じですが、電池持ちが少し悪くなっているのが気になりますね。

「らくらくスマートフォン me F-01L」はスペックの進化というよりも、らくらくタッチパネルの復活やハンドソープで洗えるなど、便利機能を中心に進化している印象です。

ドコモ らくらくスマートフォン me F-01L のおすすめポイント

ポートレートモードが使える

らくらくスマートフォン me F-01Lで撮影したポートレートモード写真

「らくらくスマートフォン me F-01L」のカメラには、新しく被写体を強調して背景をぼかす「ポートレートモード」が搭載されました。

精度もそれなりに良いので使いやすい印象ですね。

らくらくスマートフォン me F-01Lで撮影したポートレート写真

よく見ると髪の毛の先端がボケてしまっていたりと、細かい部分の精度はハイエンドモデル並みとまではいきませんが、十分実用的なレベルだと感じました。

背景のボケの強さも撮影後にレバーで簡単に調整できるので、かなり優秀だと思います。

くろねこ
4万円台のスマホで「ポートレートモード」が使える機種はほとんどないので嬉しいですね

ハンドソープで洗える

らくらくスマートフォン me F-01Lを洗っている様子

同じ富士通のスマホ「arrows Be F-04K」で好評だったハンドソープで洗える機能が「らくらくスマートフォン me F-01L」でも使えるようになりました。

常にスマホを清潔な状態に保てるので、小さいお子さんがいる家庭でも安心ですね。

ただし、使えるハンドソープは「泡タイプ」のみなので注意して下さい。

血管年齢をいつでも測れる

らくらくスマートフォン me F-01Lで血管年齢を測る様子

「らくらくスマートフォン me F-01L」から、新しく血管年齢がいつでも測れる「脈波センサー」が本体裏面に搭載されました。

血管年齢を計測すると、そのほかに「体のストレスレベル」と簡易的なアドバイスが表示されるのも嬉しいですね。

体のストレスレベル表示画面

日々の計測記録や、計測する時間にアラームを設定したりなど、直感的に操作できる仕組みになっているのも使いやすかったです。

くろねこ
「血管年齢」が測れるのは、ドコモのスマホの中でも「らくらくスマートフォン me F-01L」だけの特徴です

「らくらくホンセンター」がすごく便利!

ドコモ「らくらくホンセンター」の様子

「らくらくスマートフォン me F-01L」では、専用ボタンを押すだけですぐに「らくらくホンセンター」に電話をする事ができ、操作方法やわからない事を通話料無料で教えてもらう事ができます。

よくありがちな、電話をしてみたもののナビダイヤルに繋がるという事もなく、直接オペレーターに繋がるので使い勝手はかなり良いですね。

いつでも電話で詳しい人に操作方法を聞けるので、安心して使用できると思います。
※「らくらくホンセンター」の受付は午前9時~午後20時までです

くろねこ
個人的にはドコモの「らくらくホン」の中でダントツ1番の便利機能です

ドコモ らくらくスマートフォン me F-01L のデメリット

夜の撮影は肉眼よりも暗くなる

らくらくスマートフォン me F-01Lで撮影した夜の東京駅

「らくらくスマートフォン me F-01L」の夜のカメラ性能は、肉眼で見た印象よりも写真のほうが暗い仕上がりになるという特徴があります。

細かい部分では「白飛び」などもあって、けして高画質とはいえないですね。

試しに「AQUOS sense2」と比べてみましたが、

らくらくスマートフォン me F-01L

AQUOS sense2

※クリックで拡大できます

こんな感じに。

「らくらくスマートフォン me F-01L」の写真のほうが全体的に暗い印象になっているのが確認できますよね。

ただし、4万円程度のスマホのカメラと考えると平均レベルだと思います。

動画は白飛びとカクつきが気になる

「らくらくスマートフォン me F-01L」の動画撮影では、

  • フルHD / 30fps
  • HD / 30fps
  • 640×480

の解像度から動画サイズを選ぶ事ができ、全ての解像度で手ぶれ補正機能も搭載してます。

実際に撮影をしてみましたが、昼間の撮影では白飛びが気になるのと、手ぶれ補正の精度が微妙でたまにカクつくのが気になりました。

夜の撮影では、全体的にぼやっとした印象になってしまうのが残念ですね。

くろねこ
総合的に動画の性能はイマイチなので、動画の画質を重視している人は注意して下さい

新機能「花ノート」は使い勝手が微妙

花ノートで撮影したスミレ

花ノートで撮影したスミレ

「らくらくスマートフォン me F-01L」には、カメラで撮影した花の名前がわかる新機能「花ノート」が搭載されています。

ただし、実際に撮影してみると、いくつかある候補の中から自分で正解を選ぶ必要があり、使い勝手はちょっと微妙でした。

F-01Lの花ノート選択画面

こんな感じですね。

候補には撮影した花とはまったく似ていないものが出てきたり、そっくりな花がいくつも出てきたりして、

クイズかよっ!

ってツッコミを入れたくなりました。

毎回候補の中から正解を選ばなければならないので、「撮影した花の名前がわかる」はちょっと違うなという印象です。

くろねこ
登録した花はいつでもネット検索できたりと、発想自体は素敵なので今後に期待ですね

反応はワンテンポ遅い

らくらくスマートフォン me F-01Lを操作している様子

「らくらくスマートフォン me F-01L」には、スタンダードモデルで主流になっている比較的処理能力の低めなCPU「Snapdragon 450」が採用されているので、アプリの起動やネット検索などの動作はハイエンドモデルと比べるとワンテンポ遅いです。

スタンダードモデルの全ての機種に言える事ですが、サクサク動くっていう感じではないので注意ですね。

 

【公式サイト】で最新情報をチェック

 ドコモ公式オンラインショップ

 ⇒au公式オンラインショップ

 ソフトバンク公式オンラインショップ

-docomo(ドコモ), ドコモ 2018-2019年冬春モデル
-, , ,

Copyright© おすすめスマホを徹底比較レビュー!くろねこのみみ , 2019 All Rights Reserved.